金沢箔扇子・柿渋脇漆扇子

金沢の職人がつくる日本産の扇子

扇子は日本を代表する伝統工芸品です。扇子は古来より、開いて逆さまに持った形が末広がりであることから、縁起が良いとして重宝されていました。また、神事の舞を奉納する際、扇子を優雅に使って舞うことで扇子そのものにも神が宿ると考えられてた時代もあったことから、センスが縁起物として用いられるようになったと言われています。

扇子は京都、京扇子というイメージを持たれている方も多いですが、箔一は金沢の工房で、一点ずつ職人が丁寧に仕上げたオリジナル扇子をご用意しています。国産の竹や、扇面の紙などの素材、国産の加工にこだわったジャパンブランドの扇子です。

男女を問わず、和でも洋装でもお使いいただけるデザインや色、絵柄のものをご用意しています。たたむとコンパクトになるので海外向けのギフトに購入される方も多くいらっしゃいます。また母の日や夏の贈り物にもお選びいただける日本らしい伝統のアイテムです。日本国内のみならず、海外への配送も可能です。
金沢の工房で手作りをしている扇子

歴史的な技法を応用した扇子ブランド

『金沢箔扇子』は、箔一が”扇面”“扇骨”“組み立て”まで職人の手作りにこだわった扇子ブランドです。「箔」「ちぎり箔」「野毛」「切り箔」「砂子」といった歴史的、伝統的な箔材料を用いて、古来の歌集や短冊、屏風絵などに用いられた和紙の装飾や日本画の技法を応用して作り上げました。箔の色合いも楽しめる日本らしい扇子です。
扇の面に、古来からの技法と材料を使い大胆に且つ繊細に箔を配置した迫力のある力強いデザインです。ひとつひとつ手作りのため箔の割れやシワに同じものはありません。どちらも紳士・婦人用とも両用のおしゃれなデザインですがお好みでお選びください。

→金沢箔扇子の一覧ページはこちらからご案内しています。
金沢箔扇子

大ぶりで飾り扇子としても美しい、柿渋脇漆扇子

「柿渋脇漆扇子」は、扇の面に柿渋を施し、扇紙の折山には、漆を施す脇漆という古来からの伝統技法で仕上げました。 何度も開閉することで劣化しがちな折山が割れにくくなるよう強度をもたせています。

実用性が高く使うほどに味わい深くなる扇子です。島根の真竹に土佐の和紙。純国産の素材にこだわり、昔ながらの技法で作られた手作りの一品。扇紙は平安時代より伝わる柿渋を丹念に重ね塗りし、使うほどに味が増します柿渋ならではの美しい扇紙光沢と、箔職人による箔蒔絵を施した竹軸に、日本の『粋』が宿ります。大ぶりですので、飾り扇子としても美しい扇子に仕上がりました。

→柿渋脇漆扇子の一覧ページはこちらからご案内しています。
漆や柿渋と金箔を使った柿渋脇漆扇子

金沢箔扇子・柿渋脇漆扇子の人気ランキング

  • 1
    【32%OFF】金沢箔扇子 ちらし美 銀河 ginga
    9,350円(税込)
    詳細を見る
  • 2
    柿渋脇漆扇子 市松(赤黒)【区分A】
    10,450円(税込)
    詳細を見る
  • 3
    【32%OFF】金沢箔扇子 箔美 月夜 tsukiyo
    9,350円(税込)
    詳細を見る
  • 4
    【32%OFF】金沢箔扇子 ちらし美 星空 hoshizora
    9,350円(税込)
    詳細を見る
  • 5
    柿渋脇漆扇子(7寸)御所車桜紋様【区分A】
    10,450円(税込)
    詳細を見る

金沢箔扇子・柿渋脇漆扇子

全36件

ショッピングをより快適に

お客様に快適に、よりお得にお買い物をしていただけるよう
ポイントの仕組みとお支払い方法を見直しました。