金継ぎの材料

金継ぎの材料

「金継ぎ」を楽しむ

金継ぎ(きんつぎ)は、陶磁器の割れや欠け、ヒビなどの破損を漆によって接着し、金や銀などの金属粉で装飾して修復する日本の伝統技術です。
修復することで新たな美と風情が器に宿ります。

近年では海外からも注目が高く、日本内外で金継ぎを楽しむ愛好家が増えてきました。

箔一では、金継ぎに必要な消し紛や丸粉をご用意しました。
素材やお色など、器に合わせてお好みでお選びください。

【消し粉】箔を細い粉末にしたもの。
 蒔いた後 : 真綿で磨いて仕上げます。
 仕上がり : 金属が鮮やかに光ります。

【丸粉】粒子が丸く消し粉より大粒。
 蒔いた後 : 炭などで磨いて艶を出します。
 仕上がり : 光を抑えた鈍い光りになります。

金継ぎの材料の人気ランキング

金継ぎの材料

全3件

ショッピングをより快適に

お客様に快適に、よりお得にお買い物をしていただけるよう
ポイントの仕組みとお支払い方法を見直しました。