雛人形・桃の節句

桃の節句と雛人形について

「桃の節句」は、本来は「上巳(じょうし)の節句」と言います。もともとは3月初めの巳の日をしましたが、のちに3月3日に定まりました。この時期には、桃が美しく咲くことから桃の節句となりました。
雛祭りには、お雛様を飾ります。そのルーツのひとつは、古代中国の厄払いの行事にあるとされています。この行事では、素朴な人形に自分の災厄を移して海や川に流し、厄を払っていました。その後、平安時代に貴族の間で行われていたお人形遊びなどと融合し、現在の「ひな祭り」となりました。

【関連記事】
雛人形の歴史について
 

 

箔一の雛人形

箔一のお雛様は、一枚ずつ手仕事で箔をあしらった金沢箔布を使った、ころんとしたフォルムもかわいらしい木目込み人形です。木目込みとは、本体に溝を掘って布を詰め込むようにしてつくっていきます。布に強い負荷がかかるため、箔布での木目込みは難しいともされてきました。箔一では、技術開発をすすめ、絹のつや感はそのままに、しなやかに木目込める伸縮性と強靭さを持った布を開発しました。箔は割れることなく、美しい風合いのまま仕上がっています。ちりめんや古布など染色したものでは絶対に表現できない、金沢箔ならではの艶やかで奥深い輝きが魅力です。箔ならではの美しい色合いと風格ある雛人形です。世代を超えて心をとらえる逸品は、和洋を問わずモダンな装いで末永くお飾りいただけます。

【関連記事】
雛人形の種類について
 


 

収納まで考えた美しい飾り台

かつては五段飾りなどが雛人形で人気でしたが、箔一はより伝統的な親王飾りを提案してきました。これがいま、コンパクトで美しいとして喜ばれています。飾り台は上質な漆塗で、風格を感じさせます。これは収納ケースにもなっており、飾る時も仕舞う時もお手軽です。伝統を踏襲しつつも現代のライフスタイルにあわせた工夫がされています。内裏雛に加え、三人官女がセットになったものもございます。

【関連記事】
リビングに飾る、コンパクトな雛人形
 

初節句までには雛人形の準備を。

雛人形は、初節句までには準備を終えましょう。
誰が買うかということについて、特に決まりはありませんが、母方の祖父母が購入するケースが多いとされています。これは、雛人形がかつて嫁入り道具の一つだったことに由来します。購入時期は、多くの人形が店頭に並ぶ1月~2月ごろが良いとされています。飾りつけは、一週間前には済ませましょう。ギリギリで用意するのは良くないとされています。特に前日に飾ることを「一夜飾り」と言い、タブーとされています。

【関連記事】
雛人形の飾り方や、お手入れの仕方について
 
雛人形

雛人形・桃の節句

全10件

ショッピングをより快適に

お客様に快適に、よりお得にお買い物をしていただけるよう
ポイントの仕組みとお支払い方法を見直しました。