桃の節句

桃の節句

「桃の節句」は、本来は「上巳(じょうし)の節句」と言います。もともとは3月初めの巳の日をしましたが、のちに3月3日に定まりました。また、桃が美しく咲く季節でもあることから桃の節句となりました。
お雛様を飾る雛祭りは、家庭で行う小さなお祭り。 その始まりは古代中国で行われていた素朴な人形に自分の災厄を移して海や川に流した厄払いの行事にあります。その後、平安時代に貴族の間で日常的に行われていた、お人形遊びが現在の「ひな祭り」となりました。

関連記事:女の子の健やかな成長を願う雛人形。桃の節句の祝い方について。
 

 

箔一の雛人形

箔一の木目込人形は、一枚ずつ手仕事で箔を貼り仕上げた金沢箔布を木目込んでいます。箔布は、絹のしなやかさはそのままに、丸い人形にもしなやかに木目込める伸縮性と強靭さを持ち、木目込む際にも箔が割れることなく、美しい風合いのまま仕上げています。

緻密な美の秘密は、金沢箔の艶やかさとしなやかな風合いをそのまま引き出した、箔一独自の「箔布」にあります。ちりめんや古布など染色したものでは絶対に表現できない、金沢箔ならではの艶やかで奥深い輝きが魅力です。箔ならではの美しい色合いと風格ある雛人形です。
世代を超えて心をとらえる逸品は、和洋を問わずモダンな装いで末永くお飾りいただけます。

収納まで考えられた美しい飾り台

ひな人形の飾り台は、昔ながらの仕上げにこだわりながらも、蓋を開けると収納箱になっており、飾る時も仕舞う時もお手軽です。伝統を踏襲しつつも現代のライフスタイルにあわせた工夫がされています。

桃の節句

全9件

ショッピングをより快適に

お客様に快適に、よりお得にお買い物をしていただけるよう
ポイントの仕組みとお支払い方法を見直しました。