端午の節句


端午の節句・五月人形について

 

端午の節句の由来について

端午の節句は奈良時代から続く古い行事です。
かつては、この時期は季節の変わり目にあたりました。病気や災厄も増えるため、これを避けようと薬草を摘み、蘭を入れた湯を浴びるなどの風習がありました。
また、菖蒲を浸した酒を飲む行事もあったことから、菖蒲の節句とも呼ばれていました。

 

男子の健やかな成長を願う五月人形

江戸時代に入ると、この「菖蒲(しょうぶ)」が、武道を尊ぶという意味の「尚武(しょうぶ)」に通じるとされ、武家で盛んに祝われるようになりました。
特に武家においては、男子は後継者として大切なもの。男の子が生まれると、これを盛大に祝い成長を祈る行事として定着していきました。
鎧や兜を飾るのもこの頃からです。これらは武士の身体を守ってくれるものであることから、事故や病気から子供を守るという願いを込めて、飾られるようになりました。
また、鯉のぼりも好まれています。鯉は滝を登りやがては竜になるという故事があり、立身出世を願うものとして重宝されてきました。この時、鯉が通る門のことを「登竜門」といい、今でも慣用句として使われています。

 

上質で、インテリアとしても飾れる五月人形

当サイトでは、人気の「木目込人形」をはじめ「甲冑飾り」など、端午の節句を祝う五月人形を豊富に揃えています。いずれも時を重ねてなお愛着の深まる逸品です。飾り台に名前や家紋もお入れでき、全国配送も承ります。ご家族で相談されて選ぶ場合は一覧を掲載したカタログの配送もさせていただきます。実物をご覧になりたい方は店舗もご案内いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

→ひな人形はこちらのページで紹介しています。

なお、情報サイト「HakuichiStyleMagazine」では五月人形の飾り方や扱いの仕方についても紹介しています。

【関連記事】
端午の節句の由来や、五月人形の選び方について。

インテリアとして気軽に使える兜

自分用のインテリアとして人気の高い、卓上サイズタイプの豆兜もご用意しています。季節のインテリアとして、 リビングや玄関などに気軽におしゃれに飾っていただけます。黒の飾り台は収納できるコンパクトな仕様で、マンションなどにおすすめです。

しなやかに伸びる強靭な箔布

箔一の木目込人形は、一枚ずつ手仕事で箔を貼り仕上げた金沢箔布を木目込んでいます。箔布は、丸い人形にもしなやかに木目込める伸縮性と強靭さを持ち、木目込む際にも箔が割れることなく、美しい風合いのまま仕上げています。

箔一独自の美しい金沢箔布

緻密な美の秘密は、金沢箔の艶やかさとしなやかな風合いをそのまま引き出した、箔一独自の「箔布」にあります。ちりめんや古布など染色したものでは絶対に表現できない、金沢箔ならではの艶やかで奥深い輝きが魅力です。

端午の節句

全6件

ショッピングをより快適に

お客様に快適に、よりお得にお買い物をしていただけるよう
ポイントの仕組みとお支払い方法を見直しました。